交通死亡事故解決の手引き 死亡事故遺族になってしまった時に

ご家族、ご身内が不幸にも交通死亡事故に遭われてしまった場合の対処法を指南しております。

交通事故の損害賠償請求権には時効がある

まさかと思うかもしれませんが、交通事故の損害賠償請求権には時効があります。したがってこの時効によって損害賠償の権利が消滅してしまうことがあるのです。とはいえ、たいていの場合は事故発生後、それほど日がたたないうちに被害者と加害者の間で損害賠償に関する話し合いが始まるでしょうから、、事故のことを忘れたり、手続きを放置しておくなどとは考えられません。

したがって、多くの場合時効にかかるようなケースはないのに違いありません。ただ、時効に関して一つだけ言えるすれば、事故後に加害者側と被害者側が何らかの理由で接触を断っている場合です。そうした例としてはこんな場合があるのではないでしょうか。交通事故に遭った人が、病院側からは完治したと告げられたにもかかわらず、本人としては後遺症を心配して、それがハッキリするまで加害者側と示談交渉を開始しようとしないような場合です。

こうした場合、被害者側に時効についての知識がなければ、いつの間にか期限を過ぎて、時効になってしまうこともあるのではないでしょうか。

交通事故損害賠償は3年過ぎれば時効にかかって請求できなくなる

交通事故の損害賠償金を加害者が支払ってくれに場合でも自倍積保険に被害者請求を行うことができます。この場合、事故発生から2年で時効になります。まあ後遺症については、症状固定日から2年たつと、これについても時効が発生して、それ以後の請求はできなくなります。この時効にかかると、自倍積保険での損害賠償は消滅してしまいます。

その後できることは加害者に対しての損害賠償請求です。この場合の時効は3年です。ただし時効が過ぎても加害者側が「時効になったから損害賠償金は払わない」と意思表示しない限り、引き続いて請求を続けていくことができます。

公開日: